特に転職者の就職活動において、前職、あるいは、

現在の職務に関する質問は、面接で必ず聞かれる定番質問です。
職務経験を伝える際にはいくつかポイントがあります。

就職活動においては、具体的な成果や実績を挙げつつ、

それらの経験が応募先の企業でも充分に活かせる、

ということをアピールすることが重要なのです。
逆説的には、面接時に出される質問を事前に予測しておけば、

返答を準備しておくなどの対策も取れるといえます。
就職活動における面接で訪ねられる、前職についての代表的な質問を、

対策として並べてみると次の通りになります。
○前職(現職)での職務の内容について。
○前職(現職)での業務上の実績について。
○前職(現職)での失敗譚や苦労話など。
○業務上、心がけていることはないか。
概ね、これらの中から少なくとも一つ以上は、面接時に質問されます。

それがわかっているのであれば、事前の対策も考えられますよね。

では、具体的にはどのような返答をすれば良いのでしょうか?
就職活動における面接は、短時間勝負です。

一つの質問に長い時間答える余裕はありません。

また、あまりだらだらと長く説明するのもイメージを悪くします。

対策としては、できるだけ簡潔に返答することで好印象を獲得できます。
かといって、短すぎて大切なことを伝えられなくては、

もともこもありません。
短い時間で大切な事を漏らさず伝える為には、

なるべくわかりやすい言葉を選びつつ、

実例を挙げて答えることが、対策として効果的です。
また、実例を伝える際には、具体的な数値のような、

客観的な成果物の例を添えることで、

信ぴょう性の高さを感じてもらえます。
その他、面接時に効果的な返答をするためのポイントは、次の通りです。
○応募企業でも活用できるスキル、あるいは経験を伝える。
○就職活動用の履歴書や職務経歴書などに、

 記載しきれなかった経験を説明する。

 書類を作成する際に、面接時の説明をある程度想定しておくことで、

 書類と面接での返答が効果的にリンクする。
○過去に積極的に取り組んだ事例を示す。
こういった対策で、過去の仕事の経験を面接官にアピールできれば、

好印象を得られる可能性がグっと高まり、

就職活動をより有利に進められるのです。