終身雇用が崩れたと言われて久しい昨今、誰もが人生の中で、

転職とその就職活動を、何度も経験する時代になりました。
こうなると、就職活動の成否が、人生の成否を決める、

ということにもなりかねません。
そんな就職活動において、最大の難関と言えば面接です。

採用をする側にとっても、内定を決める最も重要な要素ととらえ、

採用、不採用の大部分が決まる、と言っても過言ではありません。
事前の履歴書も筆記試験も、もちろん参考にはしていますが、

自分と同じ職場で働く仲間を品定めする訳ですから、

最重要視されるのが『人柄』となるのは仕方ないことです。
就職活動における面接の位置づけとは、

採否を左右する程の、かくも大切なものなのです。
このように大事なものであるからこそ、事前の準備は大切です。

面接の際に聞かれそうな質問を、あらかじめ想定しておくこと、

というのもその一つです。
この為には、そもそも面接全体のおおまかな流れを、

把握しておく事が肝心です。

これを知っておくことで、どんな質問がどんな順番で出されるか、

ある程度予測できるようになるのです。
また、応募する企業の違いや、1次、2次、最終など、

どの段階の面接であるにしても、実は大きなパターンは変わりありません。

そのパターンを様々な角度からとらえておいた上で、

自分自身を効果的にアピールすることが、就職活動の成功につながります。
面接官は、過去に多数の就職希望者を相手にしてきたベテランです。

希望者の人間性を見抜く為の質問をいくつも持っていますし、

それら質問を、まるで心理戦のように投げかけてきます。
人間性を見せるのが面接なのだから、素直に披露すればそれで良い。

就職活動は正直さが大切だ―とおおらかに構えていると、

こちらが意図しなかった悪評になりかねません。
短所も含めて素直に説明して、正直さをアピールしたつもりが、

欠点をフォローするプレゼンテーション能力に欠ける人材、

というマイナス評価を受けていることさえあります。
こんなことにならない為には、事前の準備が肝心。

それでこそ、就職活動を成功に導くことができるのです。