就職活動に力を注ぐ多くの就職希望者が、

実のところ非常につまらない理由で、

企業から不採用とされていることはご存じでしょうか?
ここでは、就職活動で絶対やってはいけない事を紹介します。
まずは、面接開始前に、不採用が決まってしまっている例から。
まず、面接日の遅刻は、絶対やってはいけない事です。

とくに理由が無い限り、遅刻をした時点でほとんど採用の見込みはなく、

就職活動も失敗となります。

逆に、あまりにも早く到着しすぎるのも、絶対やってはいけない事です。

5分前到着がビジネスマナーだと心がけて下さい。
面接会場となる企業の社屋を訪問すると、

受付代わりに電話を設置しているケースが多くあります。
例えば、内線電話で名乗りもせず、

「面接に来たんですけど」などとぶっきらぼうに伝える。

こんな応対も絶対やってはいけない事で、面接前にアウトになります。
また、電話対応の声に元気が無くても就職活動失敗。

企業は、元気が無い者を採用したりはしません。
会社訪問から面接が始まる前まで、待機時間も含めた全ての行いを、

企業側は、就職活動における評価対象として見ています。

待機所にわざと灰皿を設置して、喫煙をするか確認していることもあります。

気を抜くなかれ、どこに罠が潜んでいるか、わかりませんよ。
さて、面接が始まりました。

面接官はここで、採用希望者の態度を見ています。

最も顕著に見られているのが、挨拶の仕方。
面接官側の挨拶に返答しない。

挨拶の際、座ったままで立ち上がらない。

着座後、大股開きをしていたり、くねくねしていて落ち着かない。
こんな様子では悪印象を与えますので、絶対やってはいけない事です。

姿勢や態度は、社会人として当たり前の資質だと心がけて下さい。
最後に、面接の最中に絶対やってはいけない事も紹介します。
ある程度会話が進んでいく中で、

声の元気のなさはしっかりとチェックされています。

また、敬語が使えるか、社会人マナーも見られています。
眼を見て話せないことや、会話中に手遊びをしているケースも、

実はしっかりと確認されています。

とくに手遊びは、無意識のまま動かしていることが多いので、

意識して注意をしたいものです。
以上の注意事項を守りつつ、就職活動にまい進して下さいね。