就職活動をされている方の中で、新卒ではなく『転職』の場合、

面接での重要な質問の中で、もっとも答えづらいものの一つが、

『転職理由』ではないでしょうか。
世の中きれいごとだけでは済みませんので、

前の勤務先への不平、不満を抱いての退職など、

本人にとって不本意な理由で、就職活動をしている方も多いと思います。
中には、前職で辛い仕打ちにあった人や、リストラされた人、

勤め先が倒産してしまった人など、本人に落ち度が無いのに、

就職活動をせざるを得ない境遇に、なってしまった人もたくさんいます。
面接の際に、これらの経験を正直に伝えた上で、

就職活動をしていると訴える事は、もちろん悪い事ではありません。

応募先の企業の面接官も、同情をしてくれることでしょう。

ただし、企業が同情心で人を採用することはありません。
シビアな話ですが、企業にとって必要な人材とは、

その企業にプラスの成果を与えてくれる人間です。

どんなにかわいそうな境遇であっても、

利益につながらない人材を採用するメリットは無いのです。
どんな理由があっての退職であろうとも、

それを長々と語ってはただの愚痴に聞こえます。

できるだけ前向きにとらえなおして就職活動を行い、

志望動機へとつなげることが重要です。
不本意な転職であっても、それを恨んだり、引きずったりするようなことは避け、

あくまで前向きな転職理由に切り替えることが重要です。

その上で、転職理由を仕事の意欲や今後の展望に関連付けてください。
こういった頭の切り替えを行えたら、その転職理由を堂々と伝えられるはずです。

重要なことは、今現在の自分は、新しい仕事への意欲や熱意を持って、

就職活動をしている、ということを、面接官に伝えることです。

やりたいことの実現に向けた転職であることを、

積極的にアピールすることが重要なのです。
この際、前職への不平不満を口にすることは厳禁です。

仕事を進める中で困難にさしかかることは今後もあるものですし、

人間関係の不平不満は、どんな組織でもつきものです。

仕事の内容や労働条件への不満を主張すると、

新しい会社の人達も、仕事を頼みづらいと感じてしまいます。
前向きな、明るい人材だと印象付けることが、何より重要なのです。