就職活動者にとって、絶対に避けて通れないのが『志望動機』です。

面接の際には必ずといってよい程出される、というくらい、

志望動機に関する質問は、就職活動における基本中の基本であると言えます。
志望動機は、質問それ自体がかなり無難な内容であるため、

中小企業などで社長自身が面接官を兼任しているような場合でも、

基本質問として投げかけられる事が多いものです。
これが余りにも基本的な質問であるため、

とりあえず就職先の企業を褒めておけば良いだろう、

と、安易に考えている方も多いのではないでしょうか?
しかし、軽んずることなかれ、この質問は基本であるだけに、

致命傷にもなり得る怖さも、同時に持ち合わせているのです。
無難な質問だけに、下手に無難な答えを伝えると、

なんの説得力も無い為に加点ゼロの評価になってしまい、

就職活動を失敗する原因にもなりかねません。
では、どう答えるのがよりベターなのでしょうか?

そのポイントは、就職活動者のビジョンと行動が一致しているか、

というところにあります。
相手の立場になって考えてみましょう。

企業の面接官は、就職活動者であるあなたから、

どんな情報を引き出そうとしているのでしょうか?
実は面接官は、なぜ当社を選んだのか、というポイントと、

入社してどういうことがやりたいのか、というポイントを探っています。
それを踏まえると、あなたからの回答として望ましいのは、

あなた自身が何をやりたくて就職活動をしているのか、

そして、その実現の為に、他社ではなくその会社を選んだのは何故か、

できるだけ具体的な理由も添えて伝えることが大切となります。
更に可能であれば、その目標に向けて現在努力していることがあれば付け加え、

また、それを実現する能力や実績、経験を踏まえていること、

なども併せて説明できると、更に説得力が高まります。
あまりに基本的な質問であるだけに、軽んじられる傾向がある志望動機。

それは、必須の重要質問であるからこそ『基本』質問であるとも言えます。
無難な答えを聞き慣れている企業の面接官は、

だからこそ、明確な目的と動機を、答えとして就職活動者に求めているのです。